Love in Action ーイスラエル旅行記 本章ⅰー

ヨルダンからエルサレムへ
砂埃と乾いた街を抜けて

辿り着いたその先には、
とても美しい景色がありました。


行く前には、「複雑に絡まった国」
というイメージがわたしにはあったのですが。


確かに、歴史を紐解けば、
いえ、近年ですら様々な事情がある場所だとは思います。

わたしは、いっとき訪れた傍観者にしか過ぎません。
この国について説明をする言葉を持ちません。


それでも。


いっときを過ごしたいま、
ここには共存が確かにあったのだと思えます。


エルサレムの旧市街の街並みをただ歩いていても、
色んな信仰と時間が層になって折り重なり、
この場所を作ってきたことが分かります。

美しいという言葉はもしかすると適切ではないのかもしれません。


それでも。


オリーブの丘のから見えるこの街は、
とてもとても、美しいのでした。


そして印象的だったのは、
イスラエル博物館でのこと。


白髪の素敵なおじいちゃま、おばあちゃまが
誇りを持って働いている姿と、
そこここで、対話型鑑賞が行われていたこと。


館内マップをカウンターに取りに行くと、
とても丁寧に説明してくれる。

「どこからきたの?よくきたわね。ゆっくり楽しんで。」
「何時からはここでインスタレーションがあるわ」
「ここは特設展で、見どころはこれよ」
「ああ、こっちではこんなことやってるの」
などど、

あっという間に館内マップは、おばあちゃまの手書きでいっぱい。
対話型鑑賞とは、1980年代半ばに、アメリカのニューヨーク近代美術館で子ども向けに開発された美術の鑑賞法で、英語ではVTS(Visual Thinking Strategies :ビジュアル・シンキング・ストラテジー)ビジネスマンや学生など大人向けにも発展している。

家族、学生、子供たち、軍隊、色んなグループが
あちらこちらで、対話しながら回っていて。

ユダヤのハブルータを思い出しました。

親子で訪れ、アートで遊ぶ子供たち。

カメラを向けると、はにかみながらポーズを取ってくれました。

Love in Action


イスラエルだけでなく、今回の中東の国々を回った旅では、

いつもそこに住まい生きている方たちから、多くの愛を幾たびももらったのです。



市場の写真を撮るために、ふらふらと歩いていると。

買い物にちっとも興味のないわたしは、彼らになんの利益ももたらさないのに、

わたしがあなたにご馳走したいのよ、だってもう友だちなんだから、と

珈琲代だけでもと財布を出そうとするわたしを制し、珈琲やチャイや小さなお菓子をご馳走になり、あなたとあなたの国のことを聞かせて、と微笑むのです。


どこへ行ったらいいのかしらん?とバスターミナルで佇むわたしに、

着いておいでとわたしの荷物をさっさとバスに載せ、手続きを済ませ、これで大丈夫、よい旅を!と、立ち去る地元の青年。



一度や二度ではありません。



色んなものを乗り越えて手にした、
力強さとたくましさとあたたかさとしなやかさ。
見返りを求めない、愛の表現。


わたしの目に、美しく映るこの場所の秘密は
その人々が醸している空気なのかもしれません。


そんなことを、
ここに住まう人々から
教えてもらった旅でした。

日々の音

大人のための絵のない絵本。 日常と非日常のはざまにあるふとした瞬間を音にする。 心を奏でていくと、世界はこんなにも美しくやさしい。 大人のあなたへ、ココロにまばたきをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000