Return to myself session


"Enjoy The Sweetness of Doing Nothing"

-自分に余白をつくる贅沢な時間-

No matter what you’re experiencing,

let your inner experience come and go.



Somewhere beyond right and wrong,there is a field.

I will meet you there.

善悪を超えたどこかに、フィールドがあります。

そこでお会いしましょう。




Return to myself sessionについて


“コーチングでもカウンセリングでもないセッション“

それぞれのコアは大切にしながら、

その隙間から生まれるものにも委ねています。


背中を“強く”押して欲しい方、誰かを変えたい方、誰かに変えて欲しい方、

には向いておりませんのでご了承ください。




誰のものでもない、わたしの人生だもの。

Live myself, not somebody else.


わたしたちは、常に変化を求められ、

時代に適応していく必要に迫られ続けています。

そんな日々に、自分自身のことは後回しにしがち。



イライラやプレッシャーで浮き足立ち、

やらなくてはならないタスクが多すぎて

頭がパンパンに膨らみ、心がざわざわしたり。



心にダメージを負って立ち直れない…と感じたり、

ポジティブな励ましに笑顔を返せないくらい落ち込んだり。



自分の心の状態に、

自分自身で気がつかないことすら、あります。



起きている事やその要因が、

自分でコントロールできないものだとすると、

心の状態を外側の要因で決められていては、

いつまでたっても、自身の「よい状態」を選択することができません。



目覚めよ、わたし。



わたしたちの人生は、

無意識の行動パターンに操られている部分が実は大半だったりします。

無意識の本能は「自分を守る」ことが最重要なため、

無意識の選択に任せてばかりいると、

人生は“安全や守り”に、かたよりがちです。

 


まったくリスクを取らずに、

成長や発展は可能でしょうか?



何かにチャレンジするとき、

一度ではクリアできない課題に直面することもあります。



心が傷ついたり、人からどう見られるのだろうという恐怖感から

守るための無意識が強く働くと、

  「やってみたいけど行動しない」

  「興味がないふりをして本音を隠す」

  「無理だと決めて諦める」

 といった傾向につながります。



そのような無意識の影響に踊らされてばかりいると、

自分の人生なのに誰の人生を歩いているのだろう?と、

なってしまいます。

 


マインドフルネスセンター創設所長のJon Kabat-Zinn氏は、

「目覚めて」「何をしているのかを知る」とは、

無意識のコントロールに気づくことから始まるのだと言います。



過去の記憶や主観的な判断はいったん脇に置いて、

今ここの考えや感情に意識を向ける。

人は過去の記憶による無意識的なパターンに影響されて、

起きてもいない未来を憂えていることが多いのです。

本来、“いまここ”はまっさらな、未知の状態のはずで、計画も結果もない。

にも関わらず、人は過去の出来事を上書きしてしまうのです。




いま、わたしは何を見ているのか?
いま、わたしはどこへ向かっているのか?
いま、わたしは本当は何が欲しいのか?



“いま”です。



いまに気づくことを積み重ねることで、

自身の渇望に気づき、自由な発想に心を開き、

今まで無理だと思い込んでいた行動に着手できたり、

新しい改善策が見つかるなど好転に気づき、

あなたらしく軽やかに、この人生を楽しめるはず。



本来のあなたが何を望んでいるのか?

本当のあなたはどんなあなたなのか?

どうすればあなたがあなたのまま自由でいられるのか?



日常から離れ、

本来のまっさらなあなたに帰還る時間を過ごしてください。



そして本来のあなたが持っている、

“かえがえのないわたし”を目覚めさせ、

あなたの人生をあなた自身で生ききるチカラを手に入れてください。



Sessionのご案内

Return to myself Session (単回)

わたしの心の声を聴く 

-Listen to the voice of my heart-

1セッション / 50分 ¥15,000 -(税込)


・お申込フォームよりお申込みください

・オンライン(Zoom) または 対面(カフェ/ラウンジ等)

・対面の場合は、ご自身の飲食代を別途ご負担ください


その他

・セッションにあたってアセスメントシートを事前にご提出いただきます



Return to myself Session (継続)

わたしに還る

-Return to myself-

1クール 60分×6回セッション ¥98,000 -(税込)


・1クール 1回/60分 × 6回の継続セッションコースです

・1クール 3ヶ月〜6ヶ月

 1回のご契約で日程振替えを含み最長で6ヶ月といたします

 以降延長してのご契約も承ります

・オンライン(Zoom) または 対面(カフェ/ラウンジ等)

・対面の場合は、ご自身の飲食代を別途ご負担ください


 その他

・セッションに入る前にオリエンテーション(無料)を行います

・アセスメントシートをご提出いただきます

・料金のお支払い回数はご相談に応じます

・ご相談内容によっては、セッションをお断りする場合がございます 


お申込みの流れ(継続セッションの場合)


1.お申込フォームから申込


2.確認のメールを差し上げます
 オリエンテーションの日時を決定します。


3.オリエンテーション実施(無料)

 ※対面の場合、交通費と御飲食代のみご負担いただきます

    セッションのお約束、スケジュール、費用等のご説明をします。
    取り扱うテーマについてお聴きしながら、

    セッションの疑似体験をしていただきます。

    オリエンテーションを通して、セッションを受けるかどうかお決めください。

    双方が同意すれば契約になります。

   ※場合によってはお受け出来ないこともございます。

 

4.ご契約セッションスタート

   ご入金確認後、アセスメントシート、ご契約書をお送りし、

 セッション開始となります。



クライアントの声

Q. セッションを受ける前は、どのような状況でしたか?

A. 自分自身がどうありたいのか迷子になっていた


Q. セッションを受ける前と比べて、何が一番変わりましたか?

A. 自分自身を受け入れることができ、

 これがわたしの生き方だと認められるようになった。


Q. 記録書はどのように活用されていましたか。

    あるいは、あってよかったのはどんな点でしたか?

A. 自分が話した言葉を、改めて認識することができ、

  そこからさらに気づくことがあった。


Q. どんな方におすすめですか?

A.様々な人生の分岐点に立たれている方に。

 コロナという日常が非日常になってしまうような、

 新しい生活様式を求められている時代に、改めて自分自身と向き合い、

 本来の意志や目的など、一人では気づけない特別な部分をサポートしてくださり、

 今後がより豊かになるようなセッションでした。

 (30代 / 会社員 / 女性)


ーーーーーーーーーーー


Q. セッションを受ける前は、どのような状況でしたか?

A. 課題が具体的ではなく曖昧であった


Q. セッションを受ける前と比べて、何が一番変わりましたか?

A. 自分をより知る事ができた。特にフィードバックが効果的に感じた


Q. 記録書はどのように活用されていましたか。

    あるいは、あってよかったのはどんな点でしたか?

A. 見返す事でよりセッションが深まった


Q.その他感想

A. 愛のエネルギーで「私は私であっていいのだ」と思わせてもらえる存在であり、

 それを感じられる時間でした。尊敬と憧れと目標であり、

 そんな存在が自分の身近にいる事そのものが私の幸福です。

 ありがとうございます。

(40代 女性 フリーランス)

ーーーーーーーーーーー


Q. セッションを受ける前は、どのような状況でしたか?

A. 結果を出そうとして、闇雲に頑張っていたような気がする。

 とにかく結果を出さなきゃ!と焦っていたかな。


Q. セッションを受ける前と比べて、何が一番変わりましたか?

A. 考えが整理されて、何をやれば良いかが明確になった。


Q. 他にはどんな変化がありましたか?

A. 抱えていたビリーフが、いくつかセッションしていく間に

 解けて行ったのが大きかった。それもあって、だいぶ肯定感が上がり、

 行動できるようになってきた。

 1人だったら、こんなに上がっていなかったと思うので感謝です。

(50代 男性 研修講師)


ーーーーーーーーーーー


Q. セッションを受ける前は、どのような状況でしたか?

A. 自分軸が無く、人に振り回されて浮き沈みが激しく不安定な状態でした。


Q. セッションを受ける前と比べて、何が一番変わりましたか?

A.周りの意見に左右される事が減り、意見は参考に自分で判断できる事が増えました。


Q. 他にはどんな変化がありましたか?

A. 今までは自分が嫌でも引き受けていた事を断ったり、

 逆に自分から依頼する事が出来なかった事をお願いできるように、

 少しづつできるようになりました。


Q.  記録書はどのように活用されていましたか。

   あるいは、あってよかったのはどんな点でしたか?

A. セッション後少し時間を置いてからいただける事で、

 良い振り返りの時間になりました。

 コーチからの客観的なフィードバックがいただける事もとても良かったです。

 前向きな言葉に勇気づけられました。

(30代 女性 会社員)


ーーーーーーーーーーー