Everything is OK ーイスラエル旅行記 終章ー


POINTS OF YOU®︎を通して、
わたしは何を表現し、届けたいと思っているのか。

POINTS OF YOU®︎の何に惹かれているのか、
発生した場所に、根底に、どんな空気が流れているのか。





生けるものには必ず、命の終わりがある。

そんなこと、誰でも知っている。

ですが、その瞬間を意識する人はどれだけいるのでしょうか。

わたしも、そうでした。
いずれ終わりがくるにせよ、いまを生きていこう。
などと、思うくらいでした。


Everything is OK


In October 2013, I was diagnosed with breast cancer. 

POINTS OF YOU®︎のカードシリーズのひとつ、

Refresh!の中の【Everything is OK】というカードにつけられている物語の冒頭は、

こんな言葉ではじまります。




POINTS OF YOU®︎がイスラエルで生まれたのは2006年6月1日。

Points of You Japanの市居さんがイスラエルへ創始者の2人に会いに行ったのが、2012年11月26日。

日本語版が完成したのは2013年。


わたしがPOINTS OF YOU®︎に出会ったのは2015年6月17日。

人にはそれぞれの時間があるように。


わたしの物語は
In January 2018, I was diagnosed with breast cancer.
と続きます。


ああ、終わりがあるんだなと思ったのは、
20代前半の頃、運転している時に、飲酒運転の車にぶつけられ、50mくらい車ごと飛ばされた時以来かもしれません。
その時は、「神様、わたし何か悪いことしましたか?」
と思ったものですが。


今回の宣告を聞いた時にわたしが思ったこと。


「神様、わたしを選んでくれてありがとう」
ということでした。


いまや、2人や3人のうち1人はガンになると言われている時代です。

よくよく考えてみたら、わたし1人が引き受けたところで、

誰が救われるわけでもありません。


それでも、わたしでよかった、と思ったのです。


独り身で子供がいるわけでもなく、両親は元気で、仕事は理解のある会社に勤めている。
幸い保険にもたっぷり笑入っているし、治療費の心配もない。

そして、何よりも、わたしの支えになってくれる人たちがいる。

コーチングでこれまで出会ったクライアントさんたち。
POINTS OF YOU®︎で出会った、多くの方たち。
昔からの友人、そして家族。


冒頭のRefresh!のカードの物語は、
以下のように続きます。


However, after the first shock of the illness, I suddenly understood that "everything's okay" is a state of mind that allows me - and other people too, even if for only a second - to feel and believe that things really and truly are alright. 
This realization made it possible for me to put all those unexpected, nagging feelings and fears aside for a moment. It helped me to feel and believe that everything really is fine!



わたしの感じた、「わたしでよかった」というのは、

おそらくこの気持ちに近いのでしょう。



すべからく、


わたしが生きていく上で、わたしの時間には、
わたしに必要なことしか起こらないと思っています。


この宣告は、わたしに、
わたしがどれだけ周りの人たちに支えられているのか。
わたしがどれほど彼らを信頼しているのか。
わたしの在り方の覚悟を

まざまざと見せてくれました。


POINTS OF YOU®︎を通して、
わたしは何を表現し、届けたいと思っているのか。

POINTS OF YOU®︎の何に惹かれているのか、
発生した場所に、根底に、どんな空気が流れているのか。


これのひとつの答えは、
「Everything is OK」
だという、在り方そのものなのだと思います。


これから先も、一秒先でさえ、
何が起こるのかわからない。


それでも、わたしはわたしを生きていくし、
あなたもあなたを生きていく。



昨年、来日したヤーロンと一緒にPOINTS OF YOU®︎ワークショプを開催した時、
ヤーロンはわたしにこんな言葉をくれました。

「Reiko, thank you for all the love and magic you spread around you and for making this amazing event happen.」
ーレイコ、あなたの愛と魔法が、あなたの周りに広がっているこの驚くべき出来事を起こしたんだよー

どんなことが起ころうとも、
そこに柔らかくしなやかに向き合う。


その誰もが持つ愛と魔法のチカラを、POINTS OF YOU®︎を通して感じることで、
あなたに、あなただけの物語を語って欲しいと思うのです。


そして、わたしはあなたへ届けたいのです。
「Everything is OK」と。

全国のPOINTS OF YOU®︎体験会はこちらから


Points of You®を作った

Yaron と Efratと
イスラエル HQのあるUdimのレストランにて



日々の音

大人のための絵のない絵本。 日常と非日常のはざまにあるふとした瞬間を音にする。 心を奏でていくと、世界はこんなにも美しくやさしい。 大人のあなたへ、ココロにまばたきをお届けします。

4コメント

  • 1000 / 1000

  • reiko.befree

    2019.01.22 21:12

    @Mioそうね、見たい場所があることも会いたい人がいることも、幸せだわ! 2人に会えることが楽しみ!!
  • Mio

    2019.01.22 13:22

    @reiko.befreeランペトゥーザ島!いいねぇ!!楽しい計画が原動力だものね~~!!うちのまるまる太ったローランちゃんにも紹介するわ~!
  • reiko.befree

    2019.01.22 13:10

    @Mioありがとー。ちっともまったく大丈夫なのーーエヘヘ。ま、なにをもって大丈夫かだけど笑 わたしには、何もかも、何が起きても、Everything is OKなのよ(*´︶`*) 次は、Mioちゃんを訪ねるべく、パリを入れたコースにするーー♡いま、ランペドゥーザ島へ行きたくてー(イタリア)